悪玉菌を減らす方法:食生活とストレスマネジメントについて

最近になって、腸内環境が健康と強いつながりがある、と言われるようになってきましたね。
昔から言われている「便秘、肌荒れ」の他に、「全身倦怠感」「虫歯」果ては『鬱病」の原因として、腸内細菌の偏りが挙げられるようになってきました。

善玉菌をふやし、悪玉菌を減らすような生活習慣を心がけるだけで、あなたの健康状態が大幅に改善する可能性があります。ここでは、「悪玉菌の減らし方」をレポートします。できそうティップスから、是非あなたの日常生活に取り入れてみてくださいね。

1)食生活の改善:肉類ばかりでなく、穀物や野菜も摂ろう!
焼き肉、ステーキ、ハンバーグ。肉ばかりに偏った食生活が続くと、悪玉菌が増えてしまいます。なぜなら、悪玉菌は肉類に含まれる未消化のタンパク質やアミノ酸が大好き。悪玉菌はこれをえさにどんどんふえ、インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素、メタンガスなどなどの、くさーい有害物質を放出します。その結果は、ご存知の通り。頑固な便秘や臭いオナラになって現れてしまいます。

食物繊維はこの有害物質を掃除してくれ、善玉菌の働きを高めてくれるそう。腸内の善玉菌を助け、悪玉菌を減らすためにも、肉類だけでなく、野菜や果物もたくさん摂取しましょう。また、乳酸菌やビフィズス菌などを含む食品:ヨーグルトやキムチなども、善玉菌の働きを応援してくれる心強い食品です。これらも積極的に食生活に取り入れましょう。

2)ストレスマネジメント:自分にあったストレス解消法を見つけよう!
緊張すすと、お腹がいたい。そんな経験はありませんか?ストレスを溜め込みすぎると、交感神経の働きを高めてしまい、胃腸の働きがおかしくなってしまうのです。そんな状態が長く続くと、うまく消化ができなくなるため、未消化のタンパク質やアミノ酸が大好きな悪玉菌には好都合!どんどん増えてしまいます。

仕事もプライベートもノリノリの人って輝いていますよね。その輝きは、腸内環境が良好なことで、お肌がピチピチなのも関係しているかもしれません。ストレス解消法は人それぞれですが、趣味やスポーツなど、自分にあったことを思いっきり楽しんでくださいね。

いかがでしたか?参考にしていただければ幸いです。

その他には、植物性乳酸菌サプリは手軽に続けられると人気です
手軽に続けられますから食生活や日常生活の改善とともに愛用する人も多いようですよ。

元気でいるために・・・腸内環境正常化活動始めました

私はひとりで暮らし始めた頃から、食生活にすごく偏りを感じています。
コンビニで買ってきたものを食べたり、食堂で好きなものばかり食べたり・・・
ヨーグルトや牛乳もひとりで暮らし始めてからあまり買うことがなかったので、まさにお腹の中は悪玉菌でいっぱい、なんだろうなぁと。

そんな風に思いつつも、たまに起こる肌荒れ以外にすごく困ることも起こらなかったので、
そのままにして過ごしてきてしまいました。
続きを読む →

善玉菌を増やすには食品から摂ることが大事です

腸内には体に良い影響を与える善玉菌と同じように、体に悪影響を与える悪玉菌が存在します。
悪玉菌が善玉菌よりも増えると体にいろいろな悪影響を与えることになります。そんな時には、善玉菌を増やす食べ物を食べて善玉菌を増やすことが大事です。代表的なものではヨールグとやチーズがあります。ヨーグルトが腸内環境に良いことはよく知られています。

乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれている味噌や納豆、キムチというような食べ物を食べることも善玉菌を増やすことにつながります。
続きを読む →

善玉菌を増やす為に毎日の食生活で心がけたいこと

産まれて間もない赤ちゃんのうんちは、大人に比べてそれほど臭くないんです。理由は、お腹の中の善玉菌が大人に比べて多いからだと聞いたことがあります。母乳を飲んでいる頃の赤ちゃんの腸内には、ビフィズス菌が沢山あるそうです。
どうしてビフィズス菌が多いかの理由は解明されていないらしいのですが、離乳食を食べ始める頃には、徐々にビィフィズス菌の数も減っていくらしいのです。
続きを読む →

植物性乳酸菌の特長と効果と含む食品を紹介します

腸内環境を良くする為に必要不可欠な善玉菌の中で代表的なモノが乳酸菌です。そんな乳酸菌を大別すると野菜、豆、米、麦といった植物素材を発酵させて出来る乳酸菌を植物性乳酸菌と言います。特に日本においては漬物、味噌、酒といった米の発酵食品が多いという特長があります。もう1つが動物性乳酸菌でこちらは乳製品などに含まれています。
続きを読む →