善玉菌を増やすには食品から摂ることが大事です

腸内には体に良い影響を与える善玉菌と同じように、体に悪影響を与える悪玉菌が存在します。
悪玉菌が善玉菌よりも増えると体にいろいろな悪影響を与えることになります。そんな時には、善玉菌を増やす食べ物を食べて善玉菌を増やすことが大事です。代表的なものではヨールグとやチーズがあります。ヨーグルトが腸内環境に良いことはよく知られています。

乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれている味噌や納豆、キムチというような食べ物を食べることも善玉菌を増やすことにつながります。

毎日ヨーグルトを食べたり、納豆や味噌汁を朝食に取ったりすることで、腸内の善玉菌を増やすことにつながるのです。
乳酸菌やビフィズス菌をヨーグルトやサプリでとっても、自分の体に合っていないと意味がありません。数週間食べてみて、便通などに改善が見られなかったら、他のヨーグルトやサプリを試してみることです。せっかくとった乳酸菌やビフィズス菌が体に合わなかったら、そのまま体の外に出されてしまうだけです。

それから、人間の体の中にある悪玉菌はストレスで増えることが知られています。ストレスのない生活を送ることで善玉菌を増やすことができます。規則正しい生活や質の良い睡眠をとること、適度な運動をするなど当たり前のことですが、生活習慣で善玉菌を増やすことができるのです。乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱いので、空腹時は避けて食べる必要があります。サプリを飲むときも食後などがいいです。