植物性乳酸菌の特長と効果と含む食品を紹介します

腸内環境を良くする為に必要不可欠な善玉菌の中で代表的なモノが乳酸菌です。そんな乳酸菌を大別すると野菜、豆、米、麦といった植物素材を発酵させて出来る乳酸菌を植物性乳酸菌と言います。特に日本においては漬物、味噌、酒といった米の発酵食品が多いという特長があります。もう1つが動物性乳酸菌でこちらは乳製品などに含まれています。

植物性乳酸菌の1番のメリットは生きた状態のまま腸まで届きやすい点です。動物性乳酸菌は胃酸や胆汁酸といった消化液に含まれる酸により死んでしまうのですが、植物性乳酸菌の方が酸に強いといった性質があります。そして腸内に届いた植物性乳酸菌は善玉菌を増やして腸内環境を整える働きをします。

腸内環境が整えば便秘の解消、免疫力のアップといった効果が期待出来ます。さらに食物性乳酸菌というのは漬け物などの用に野菜と一緒に摂取することが出来るので、乳酸菌だけではなく食物繊維も共に摂取出来るといった利点があります。

食物繊維というのは便を嵩増しして腸の煽動運動を促すので腸内の老廃物の排出を行なうことが出来ますし、ビフィズス菌の餌となるので善玉菌が増えるのに効果的です。それに老廃物を体外に出すことで美肌効果が期待出来ます。さらに腸内環境が整い免疫力がアップすればアレルギー症状の緩和にも効果があると言えます。

さらに植物性乳酸菌の中で1番知られている菌株はラブレ菌で、ラブレ菌を配合したドリンクなどが販売されています。ラブレ菌の特長としては他の菌より腸の滞在時間が長い点を挙げることが出来ます。